« ペダルの練習してみましょうか | トップページ | 中堅若手医師に公的資金を投入せよ »

2011年11月11日 (金曜日)

田舎病院は研修医を獲得してメリットがあったか

新臨床研修制度がはじまって何年も経ちました。

私のシンプルな疑問は,以下の通り。

田舎の病院は給料を上げて研修医をゲットしたが,相応のメリットはあったのか?

 

※ 私の頃と比較したヒガミ的内容になるかもしれないのでご容赦ください

 

新臨床研修制度とは,以下の通り。

  • 医師国家試験に合格したら,研修医として2年間の臨床研修(全科ローテート研修)を行う
  • 研修する病院は,「マッチング」という方法でコンピュータによって決定される
  • 「マッチング」は,研修医が希望する病院順位を書き,病院も希望する研修医順位を書きコンピュータが決める
  • この制度で研修しない医師は,保険診療ができない

この制度で,研修医は全国どの病院でも研修できるようになりました。

特に都会の病院は人気で,全国から研修医が集まるようになりました。一方で取り残された田舎病院は,勝ち残るために研修医の給料を上げました。その結果,確かに都会の研修医も給料に釣られて田舎病院にやってくるようになったのです。

でも,予想したように上手く行ってないように思えます。

 

さて,田舎病院と研修医の本音を並べてみましょう。

 

【田舎病院の本音】

  • 医師不足なので大学医局に医師派遣を頼んでも,誰も出してくれない
  • 少々コストはかかっても全国から研修医を呼んで,この病院の将来を担ってもらおう
  • 常勤医が増えるなら,多少のことは目をつむっても研修医の先生が幸せに暮らせるようにしてあげよう
  • だから,研修終了後は常勤医として残ってね

【研修医の本音】

  • とりあえず2年間研修しないといけないから,給料の高いところにしよう
  • いろいろ主張したら通りそうだから,王様気分で何でも言おう
  • 3年目以降はどの病院に行こうかな
  • 研修医指導は面倒だな
  • ずっと田舎にいるわけないだろ

 

というわけで,病院側は将来の常勤医候補として手厚くもてなします。でも,田舎病院でずっと勤務する研修医は極めて少ないのが現状です。

 

つまり,田舎病院の資金は研修医接待に使われているってことです。

もちろん全ての田舎病院がそうではありません。ただ,都会の有名病院のように,そこで研修してそのまま成長して病院の看板医師になるようなことはありません。

 

私には,「田舎で研修させる」ことと「医師不足を改善する」ことは全くつながらないように思えるのです。

 

たとえば,「東大・京大の合格率全国1位の全寮制高校(授業料無料)」があれば,全国からエリート学生は集められますが,卒業したら永遠にサヨナラでしょう。

 

では,どうすべきか。

 

当直中なので,落ち着いたら,あとで書きます。

|

« ペダルの練習してみましょうか | トップページ | 中堅若手医師に公的資金を投入せよ »

医学・学会・専門医」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田舎病院は研修医を獲得してメリットがあったか:

« ペダルの練習してみましょうか | トップページ | 中堅若手医師に公的資金を投入せよ »