« この患者さんの方針は誰が決めるの? | トップページ | 脳出血治療の問題点 »

2011年11月 8日 (火曜日)

今週のレッスンはお休み

今週の娘のレッスンはお休みでした。

毎度のことですが,カワイ音楽教室のピアノレッスンは年40回と決まっているので,定期的に休みがあります。

「ジャンプ」とか「マガジン」は1年に52号まで。ただし,何回か合併号があるので実質50冊くらい。カワイもそれくらいやってくれれば良いのに。

※ 休みを挟むと娘はモチベーションが下がり,あんまり練習しなくなります。

 

昨日は,レッスンの代わりに30分ほど付き合いました。

 

■ いいことがありそう [サウンドツリー4newピース]

難関だった左手の2声(伸ばすのとスタッカート)はたどたどしくも弾けるようになってきました。しかし,右手が弾みすぎて転びます(リピートあるので2回目からはOK)。きょうレッスンだったら時間かかったろうなと思いました。

 

■ 故郷の人々 [サウンドツリー4new]

ポイントはペダリングなんですよね。ペダル曲は,サウンドツリー4に入ってから何曲か出てきました。「波のおしゃべり」とか「すてきな冒険」とか。その時は遊び程度だったのが,今回は割と本気度が高い。しかも,これまで電子ピアノで高さ調節できない椅子だったので,体全体でペダルを踏みつけてたのです。

今回,アップライトで椅子の高さも調節したのですが,ペダル踏むごとに体全体が沈むのでちょっと笑えます(娘は必死)。コンクール曲にペダルが無くて良かったと思っています。

ペダリングもまだまだです。音が濁りまくってます。でも,(安い)電子ピアノでは分からなかった濁りです。電子ピアノとアップライトピアノの明確な違いを感じる毎日です。

 

■ こびとのおどり

まだ譜読み(終盤です)。2箇所くらい弾き忘れる音があるんです(他のお子さんはどうでしょうか)。そこを修正することと,最後のオクターブ下行の指づかい練習。もうちょっと時間がかかりそうです。

うちの娘は,ほめるといい気になってポジティブに練習し,ダメ出しされると落ち込んで心のこもらないいい加減な練習をするので,どう転がすかが私のポイントです。

つまり,この曲がうまくなるか否かは,日々の私のひとことにかかっています。

 

そういえば,来週のレッスンの翌週はまた休み。

11月は2回しかレッスンがありません。

 

|

« この患者さんの方針は誰が決めるの? | トップページ | 脳出血治療の問題点 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

前日記の、ikuraさん、私、クローバーさんの同時レスは見事でしたね
私自身、ikuraさんのは気がついていたんですが、クローバーさんもだったのかと、お返事を読んで笑ってしまいました

大手はお休みが多いですよね~
52回とまでは言いませんが、基本月4でお正月&お盆休み有りの46回くらいだと嬉しいかなと思っています。
ただ、最近は個人でも40数回というのも珍しくないようですよ。
時代の流れなんでしょうかね?

投稿: 文さん0708 | 2011年11月 8日 (火曜日) 09時37分

↑同じく…ビックリしました
たまに2人位は被ったりしますが…3人は珍しいですね
サウンドツリーは早い段階からベダルが出てきますよね。
上の子が2年生の時にコンクールでペダル有りの曲を弾いたのですが、当時教室に補助ペダルが無くて(我が家にも無し)本番直前のレッスンで始めてペダルを使う…と言う有り得ない状況で出場…勿論全然ダメでしたが
良くあんな状態でコンクールに出たなぁと…気軽すぎです!!

投稿: ikura | 2011年11月 8日 (火曜日) 11時02分

文さん0708さん

おっしゃるとおり。月4回が良いですね。月曜がレッスン日ですと,グレードテストの翌日は休みです。労働基準法ってやつでしょうか。

私は30年前にヤマハで習ってましたが,休みがあった気もするのですが,記憶がないんです。こどもはあんまり休みを気にしてないかもしれませんね。

投稿: おくちん | 2011年11月 8日 (火曜日) 21時26分

ikuraさん

うちも補助ペダルなしでした。「ピアノを弾くときの姿勢」完全無視です。そういえば,コンクールのとき足台もなしでしたね。

もちろん我が家にも補助ペダルはなくて,見るたびに違う踏み方してました。正しい踏み方を覚えるには身体的な成長が必要そうです。

コンクール直前からペダル登場ですか。過酷な試練でしたね。うちの娘では絶対に対応できません。

投稿: おくちん | 2011年11月 8日 (火曜日) 21時34分

↑同じく私もビックリしましたよ。トップバッターのつもりが、一番出遅れていましたねそれにしても、凄いタイミングでしたね。

娘さんも、アップライトになって、ますます練習にも力が入りますね
4でペダル登場は、最初はかなり驚きましたが、コンクールでペダルはやっぱり危険なので、湯山さんの曲を選ぶことはできませんでした
「こびと」ですが、娘はまだ演奏にムラがあるので、酷い時は2箇所どころではない位、音がでなかったりします
ここ数日で、ちょっとはコツをつかんでいるようですが、まだまだ修行が足りませんね~

投稿: クローバー | 2011年11月 8日 (火曜日) 21時41分

クローバーさん

湯山さんの「こどものせかい」はペダルありなんですね(お菓子の世界の楽譜は持ってるんですが)。――来年の課題かな。

クローバーさんの娘さんも,大きな収穫を得て一層励んでいるんでしょうね。うちは譜読みが終わったら練習しなくなりそうで,譜読みを終わらせられません(苦笑)。

投稿: おくちん | 2011年11月 8日 (火曜日) 23時08分

実は、夏の発表会で、娘が「お菓子の世界」から、「バースデーケーキ」と「ボンボン」の2曲を弾きました。お菓子の世界は、手の大きいお姉さん向けの曲なので、娘も苦労したのですが、ペダルで更に苦労をしました。
「こどものせかい」は手の大きさや難易度から言えば、もう少し低学年向けといえるのでしょうが、どの曲もペダル満載なんです
コンクールではペダルのタイミングは重要ですもんね。今回はペダルなしで思いっきり弾いてもらいたいと思ってます

投稿: クローバー | 2011年11月 9日 (水曜日) 09時00分

詳しく教えていただいてありがとうございます。

「こどものせかい」の楽譜は,補助ペダル付で販売すべきですね

コンクールのパンフレットに「審査は減点傾向に支配される」と書かれている以上,確かにペダルはリスキーですね。

勉強になりました。

投稿: おくちん | 2011年11月 9日 (水曜日) 14時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今週のレッスンはお休み:

« この患者さんの方針は誰が決めるの? | トップページ | 脳出血治療の問題点 »