« 2. メヌエット [サウンドツリー5] | トップページ | 査定されちゃった »

2012年4月25日 (水曜日)

学会に行きますよ

きょうから日本リウマチ学会総会がはじまりました。

会場は東京は品川にあるグランドプリンスホテル新高輪。4月25日(水)~28日(土)までが学会で,29日(日)にはアニュアルコースレクチャーという学会主催の教育セミナーがあります。

このリウマチ学会,ここ数年はすっごく勢いがあります。

参加者がとても多くて,5,000人以上は当たり前になっています。

特に,若い女性の医師が増えているような気がします。

 

これには理由があります。なお,勝手な考察です。

 

もともと,「関節リウマチ」(過去には「慢性関節リウマチ」)は,男的な病気でした。あらゆる治療を施しても,関節は徐々に変形し,患者さんは常に疼痛に悩まされ,徐々に日常動作が制限されていきます。

やがて関節は脱臼し,肢体不自由の身体障害者認定…みたいな流れもありました。

してあげられたことは,座薬とか関節内注射による一時しのぎの痛み止めくらい,関節の変形がひどくなれば手術。これにしたって治す治療というよりは,日常生活の助けとなるための治療でした。たとえば,足関節が変形すれば,ワイヤーを入れて関節そのものを固定します。動かなくなるけど,脱臼よりはずっとマシという。

こういう感じだと,内科の中でも医学生の人気は集まりにくく,特に増え始めていた女性医師の獲得にはつながらなかったと思います。

 

しかし,メトトレキサートと生物学的製剤で状況は一変しました。

これらの薬を発症早期から用いることで,関節リウマチは変形することは無く,さらに関節の腫れも朝のこわばりも無いという素晴らしい状況(完全寛解と言います)を作り上げることができるようになりました。

※ あくまで発症早期なんですが。

しかも,内服薬と注射が中心ですから,医学生の目には「スマートに治している」ように見えるんです。

そういうイメージのおかげで,この学会は大盛況というわけです。

 

私もリウマチ専門医の端くれなので,勉強のため,そして資格維持のため参加します。

でも,フル参加は医師不足と家計が許してくれません。

 

金曜日の外来が終わってから飛行機で東京に向かい,土曜日の夕方には帰ってきます。いつかフル参加してみたいなーって思いますが,退職するまで…無理かな。

つか,退職してもどっかで働けると思いますが,そうなったら専門医とか全部捨てて,一般内科医として細々と…とも思っているので退職したらむしろ行かないかな。

 

まずは明日の新患外来で,超重症の方とか来ないことを祈りましょう。

|

« 2. メヌエット [サウンドツリー5] | トップページ | 査定されちゃった »

医学・学会・専門医」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 学会に行きますよ:

« 2. メヌエット [サウンドツリー5] | トップページ | 査定されちゃった »