« 変わらざるを得ない医学教育 | トップページ | 何とか無事にプレ発表会が終わりました »

2015年7月 3日 (金曜日)

Hairy caterpillar

1週間ほど前のこと,職場入り口玄関付近に毛虫の死骸を発見しました。

大学は緑も多いし木も多く,クルマにはよく鳥のフンが付着しています。この毛虫も空腹の鳥が除去してくれるだろう…そう思って放置しておりました。

今年の春は毛虫が多く発生しましたので,特に珍しくも思わず。

 

3日ほど前,その場所から死骸は消えていました。跡が残っていたので,やはり鳥とか蟻とかが処理したのだろうと思いました。

食物連鎖の仕組みを思い出しながら。

 

しかしながら,状況が変わりました。

 

今朝のこと。

医局の私の部屋から,病院の外来棟に向かおうと階段を登ったところ,その途中に「それ」と思われるものがありました。

立ち止まって確認しようとは思いませんでした。

 

きっと,「それ」は誰かの靴にへばりつき,そして僅かな距離で離脱したのでしょう。

 

「それ」はどうやって自然に還ることができるのでしょう。

 

こんなことを考えているのは,私の仕事が行き詰まっているからです。

きょうは,これから研究会,その後に接待です。明日は朝早くに東京に行って,肺高血圧の講演会に参加し,最終便で帰ります。月曜日は午前は80km離れた病院で外来,午後はその近くの病院で感染対策会議です。

なかなか他の仕事ができませんな。

|

« 変わらざるを得ない医学教育 | トップページ | 何とか無事にプレ発表会が終わりました »

ドクターライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Hairy caterpillar:

« 変わらざるを得ない医学教育 | トップページ | 何とか無事にプレ発表会が終わりました »