« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月29日 (月曜日)

ダイエット中のすき家で何を食べるべきか

私は牛丼大好き。ごはんも大好き。世の中には,すき家派とか吉野家派とかいますが,私はどっちも好きです。どちらを食べても心から幸せだからです。

 
昨日の朝食はすき家でした。娘たち,好きなんです。日曜日は家内も朝食をつくりたくないでしょうから,進んで買いに行きます。しかも,午前7時とかその前とかに。
 
 
大好きなすき家。
 
でも,いまはダイエット中。厳しい条件下で食べなければ。
 
 
すき家の牛丼のカロリーを復習しましょう。
 
  • ミニ 474 kcal
  • 並 667 kcal
  • 中盛 703 kcal
  • 大盛 859 kcal
  • 特盛 1,001 kcal
 
私は,1食は400kcal以内と決めています。
 
既に,牛丼ミニサイズですらアウトです。
 
すき家には,牛丼ライトといって,ごはんの代わりに豆腐になっている牛丼があって,これは268 kcalと低カロリーなのですが,これは店で食べるときのみのメニューです。今回は弁当を買って帰りますので,これは選択できません。
 
 
そんな中,私が選んだのは,
 
 
お子さま豚丼すきすきセット!
 
 
お値段370円。ひじきとジュースとオモチャが付いてきます。
 
総カロリーは495 kcalとなりますが,ジュース(とオモチャ)を次女に渡すと,418 kcalとなります(ひじきを含む)。400kcalはちょっとだけオーバーですが,これがダイエット者に対するすき家弁当のベストチョイスだと思います。
 
 
ここで,以下のようなご指摘があるかもしれません。
 
 
豚丼よりも牛丼の方が,若干カロリーは低いぞ。
 
 
その通りです。カロリーだけ見れば,牛丼の方が約50kcal低いです。では,なぜ牛丼にしなかったのか。それは,豚の脂肪分は便秘解消に優れているからです。ダイエットにおいて,便秘は大敵です。私も野菜を食べているのですが,便秘しています。
 
豚の脂肪は吸収されにくく,腸管に残れば便秘解消に役立ちます。今回は,この点を評価して,牛丼ではなく豚丼にしたのです。
 
もし,便秘がなければ牛丼の方がカロリーが低くて良いと思います。
 
 
ちなみに,我が家が購入したのは,
 
  • おろしポン酢牛丼 並
  • お子さま牛丼すきすきセット
  • お子さま豚丼すきすきセット
  • お子さまそぼろ丼すきすきセット
 
店員さん,思っただろうな。
 
目の前に居るメタボ(※私)が,健康を気遣っておろしポン酢にして,娘たちがすきすきセットにして,家に帰るともう1人子供が居るのかな…と。
 
 
残念。おろしポン酢牛丼は長女,私も家内も次女もみーんなお子さますきすきせっとでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月28日 (日曜日)

捨てられなくて溜まる物ランキング

きょうは買い物…に付き合う日です。

 
私自身は断捨離スタイルを続けていますので,基本的に欲しい物(物品ですね)はありません。言われるがままに運転手として家族を買い物に連れて行くのが私の使命です。
 
きょうも,朝7時にすき家(朝食)→食後→イオン→ホームセンター→スーパー→マクドナルド(昼食)という流れです。ダイエットの大敵が2店も登場しましたが,これについては後日。
 
スーパーで,家内は食材,次女は私を引き連れて別行動です。新しいプリキュアの塗り絵を見つけたらしく,購入決定です。ふと,その脇にPHPの小冊子がありまして断捨離特集していました。基本的に物は買わない私ですが,捨てやすいサイズだったのでついつい買っちゃいました。その本に,「捨てられなくて溜まっちゃうモノ」ランキングが。
 
 
1位 本・雑誌・新聞
2位 手紙・プリント類
3位 ダイレクトメール
4位 ビン・缶・ペットボトル
5位 洋服
だそうです。
 
 
今回は1位と2位について,私の考えを述べます。
 
 
本棚に保管する「立派な本」は別として,雑誌類は買った時点で負けかなと思います。さっと読んで,さっと捨てようと思っていても,「捨てる」って結構ハードルが高いと思います。まず,捨てることを決意しなければなりません。どんなに捨てようと思っても,捨てる前にチラ見しませんか。そして,「ああ,ここ読んでなかった」とか思いませんか。これ,「捨てない理由」を見つけようとしているわけです。
 
やはり,カネを払って入手した以上,その価値を得るまで捨てられなくなっちゃいます。そういう意味で,「買った時点で負け」なのです。
 
雑誌に書かれている情報はたいていネットで拾うことが可能です。手元に置きたい雑誌は電子書籍で購入するのなら良いと思います。スクラップするマメさがあるならまだしも,「この記事だけいつか切り取ろう」とか思うともうダメです。「いつか」は訪れません。
 
それに,雑誌を捨てられる日って,月に1~2日しかありません。長く置くと,変な愛着も生まれたりします。そんなわけで,雑誌は,――少なくとも紙媒体で――買わないのが正解と思います。
 
 
次に手紙とプリント。これは私も最近まで手を付けておりませんでした。ちなみに,職場では別です。職場におけるプリント(通知)は,記入提出が必要ならすぐやるし,連絡のみなら即捨ててます。溜めてもいい事なんてありません。が,自宅に溜まっている手紙やプリントはなかなかの大敵です。
 
まず,習慣が必要。封筒が自分宛に届いた場合,その日のうちに封を開けて内容を確認し,保管するなら最小限の部分のみ,それ以外は即捨てるという習慣です。余計な広告とか案内はとっておく必要はありません。しかし,これもゴミの日が決まっている以上,自宅では溜まりやすくなります。ですので,私は職場に持っていって捨ててます(苦笑)。
 
いま,ついに手を付け始めたのが年賀状です。これ,捨てずに取ってあったのですが,意味ないと思うようになりました。今週から,今年以外の全ての年賀状を捨てようと思います。
 
ただ,年賀状って個人情報のかたまりです。捨て方に迷っています。かつては郵便局とか自治体で引き取ってくれたらしいんです。しかし,いまはやってないようです。職場でシュレッダーかけるのも人目についてちと恥ずかしい。人目に付かなかったとしても,年賀状ってシュレッダー後に分かりやすいです。かといって,自分で燃やすのも面倒。やはり封筒とか袋にくるんでポイ…ですかね。ちなみに,1枚1枚をデジタル化しようと思った時期もありましたが,考え直しました。記録は一切残さずに捨てます。捨てた興奮が冷めないうちに,今年のもいっちゃうかもしれません。もちろん,住所変更とか確認してからですけど。
 
 
自宅の私の部屋にある物品の中で,毎日触る物ってパソコンだけです。
 
大量の書類とかプリントは,証書を除いては全て捨てるべき対象のようです。
 
 
ところで,断捨離の本とかによくあるのが,「範囲を決めてやる」です。つまり,1日で全てやるのではなく,きょうはこのエリアと決めて捨てるのです。
 
私は,エコバッグを活用しています。
 
毎日,出勤の際,鞄の他にエコバッグを持っていきます。エコバッグの中は,自宅の捨てるモノが入っています。私はこうやって,1日に捨てる分量を決めることで,日々の断捨離を進めているのです。主に,紙ですが,最近はCD-ROMやUSBメモリも入っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月26日 (金曜日)

国公立大学二次試験

2016年2月26日。今日は国公立大学の二次試験・2日目です。

 
昨日から「受験会場」の立て札がかけられ,案内する人も朝早くから待機していました。きょうは面接でしょうか。
 
田舎医学部では,たいてい面接試験があります。
 
 
「優れた人物を見抜く」のではなく,「誰の目にも不適格だろう」という人を落とすためのものだと思います。 ※私は試験に関与してませんので想像です
 
 
私が受けた頃は,受験生3人,面接官3人でした。別の大学では,受験生1人に対し面接官2人でした。今は分かりません。医学教育も全国で標準化させようという流れがありますから,面接みたいなのも標準化しようとしているのかもしれません。
 
 
当時,私があんまり「面接は重視していないな」と思った理由はふたつ。
 
 
私の母校(※勤務中の大学)では,私のとなりの受験生が何らかの質問に対し,自分が医師を志した身の上を熱く語っていました。面接時間は10分だったと思いますが,結果的に私に向けられた質問はただひとつ。
 
面接官 「おくちん君,健康には自信がありますか?」
 
おくちん 「はい」
 
 
面接官 「では,これで終わります」
 
 
おそらく私は30文字も喋っておりません。
 
 
また,別の大学では,私1人に対して面接官2人でした。
 
 
面接官 「キミがうちを受験した理由は?」
 
おくちん 「近いからです(※隣県)」
 
面接官 「では,両方とも合格したらどうしますか?」
 
おくちん 「はい,(笑顔で)地元の大学に行きます」
 
 
しっかり合格いただきました。やはり素直が一番です。たぶん。
 
ある教授も言ってました。
 
「面接では,誰もが地域医療に貢献って言う。もうこの言葉は聞き飽きたし,実際ほとんどの受験生がそう言って入学するのに,半分以上が地元とか都会に行くわけだし」
 
 
結局,短時間の面接において,「素晴らしい人格者」になるのは簡単なわけで,もはや順位を付けられるものではないのです。企業の就職はアピールする必要があるでしょうし,トリッキーな質問で反応を見たりするでしょう。でも,受験の面接はとってもトラディショナル。無難に終われば十分。目立ちたければ,「地域医療に貢献」ではなく,「卒後は大学で研究をして,この大学を目立たせたい」くらい言っとくと良いかもしれません。
 
 
さて,受験2日目。
 
 
受験生の皆さんの健闘を祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月24日 (水曜日)

別れの季節

2月も終わろうとしています。

 
3月いっぱいで退職するお世話になった方々の送別会の季節でもあります。私は3月だけで5回送別会に参加します。
 
最も軽い気持ちで参加できるのは,医局の送別会です。これは春の人事異動に関係する送別会ですから,「大学」から居なくなるだけで「県内」には居るわけです。研究会とか様々な機会に顔を合わせるわけです。若手の場合には,戻ってくることも大いにありうるわけです。ですから,「さようなら」ではなく,「またな」なのです。
 
次に,定年退職される方。もう職場の内外で顔を合わせることがないわけです。といっても,ほとんどの方が市内に住んでますので,デパートとかスーパーで顔を合わせることがあります。これも,「さようなら」ではなく,「今までありがとうございました」なのです。
 
 
しかし,県外に旅立たれる先生もいらっしゃいます。これはとても寂しいことです。滅多なことでは顔を合わせません。今生の別れ…とまでは言いませんが,もう合わない可能性もあります。この送別会は私にとって最も重くのしかかります。
 
こういう会では,思い出話をするのが良いのでしょうか。そしたら,最初から湿っぽくなっちゃいます。でも,思い出話以外に何を話せば良いのか。
 
 
おそらく――
 
 
かなり前から異動のことは分かっていたにも関わらず,身近な人に言えなかったストレス。そして,それを打ち明けて,その理由を何度も何度も説明しなければならなかったストレス。
 
患者ひとりひとりに時期が来たら異動を打ち明け,そして理由を説明し,悲しまれ,そして外来日の夜にはひっそりと外来の机で,ひとりひとりの患者のカルテに次の医師への申し送りを書き込んだり,あるいは他院への紹介状を作ったり。気付けば9時くらいになって,医局に戻り,今度は荷物の整理。でも,机の上には事務から依頼された保険書類とか介護保険意見書とかの山。疲れ切った頭でそれらを書いて,荷物の整理。おそらく,1冊1冊のファイルに思い入れがあって,昔の苦労を思い出す。そして,とても思い入れがあったファイルでも,「もうオレには必要ないな…」とか呟いてゴミ箱へ。でも,3冊に1冊くらいは思い直してゴミ箱から段ボールへ移す。気がつけば23時。そろそろ帰らなきゃ。腹も減ったし…
 
こんな日々を送っているであろう先生に,私はどのような気持ちで接すれば良いのだろうか。
 
 
きっと明確な答えも出せず,気持ちも割り切れないまま送別会に向かうのだろうな。
 
 
こんなことを考えるくらい,長く医者をやったってことかな…

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火曜日)

娘に送るメッセージ

小学5年生の長女。

 
水泳をやめたのでスポーツは一切しておりませんが,宿題とかピアノはマイペースで頑張っていると思います。もうすぐ2月も終わり。つまり,6年生が近づいてきました。
 
この時期になると,学校から生活の目標とかを記述する冊子が届きました。
 
私の頃には見たことがないのですが,こうやって生活面を見直させる教育なのでしょう。娘の小学校では,3年生からこの冊子が配られ,振り返りと目標を書いて,先生からのコメント,親からのコメントも入れて提出するようです。既に先生からのコメントはとっても無難な内容(※無難すぎて私の記憶に残りませんでした)で書かれておりました。
 
 
さて,何を書こう。
 
 
なお,母親が書くのが普通だと思うのですが,昨年も一昨年も私の字がありました。家内によれば,私の字が綺麗なのでよろしくと。
 
 
ちなみに,
 
 
3年生の娘への私からのメッセージは,
 
やりたいこと,欲しいものが出たら遠慮してはいけない。友達を押しのけてでも取りに行きなさい。
 
 
4年生の娘へのメッセージは,
 
やる気を出すのも技術のひとつ。
 
 
と書かれてました。我ながら偉そうです。そして,当時の娘がどんな状況なのかも容易に想像できます。
 
 
今年。こんなふうに書いてみました。
 
 
親友に改善点があれば指摘しなさい。
それ以外の人には良いところを見つけて指摘しなさい。
 
 
伝わったかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月22日 (月曜日)

デジタル断捨離スタート

毎度の断捨離ネタです。

 
きょうは,月に1~2日しかない午前フリー日。そんな貴重な日でも,朝7:00過ぎには医局の自分の部屋に着いてしまうのが悲しい性です。
 
一昨日は日直で,医学書籍の整理整頓(※イコール断捨離です)を進めておりました。モノの断捨離が進むと,やはりパソコン内の断捨離もしたくなります。半分はプチ逃避で,目の前の仕事をしたくなくて部屋の整理整頓をするように,モノの断捨離に疲れたのでパソコン内の断捨離に走っただけです。
 
今回は,このパソコン内データの断捨離について。
 
 
まず,すべきことはメールの削除です。
 
私は個人用と仕事用のふたつのメールアカウントを持っています。正確には,それに加えてGmailなど予備も持ってますけど,メインは個人用・仕事用のふたつ。
 
まず,1年経過したメールは全て削除しました。
 
これが第一段階。
 
最初は,1通ずつ確認して削除していたのですが,だんだんイヤになってきて,まとめて削除です。まず削除する先頭のメールをクリックしてハイライトし,そして削除する最後のメールまで来たら,シフトキーを押しながらクリックします。こうすれば,その間にあるメールの大群が全て選択状態になります。そして削除。削除。ええ,DEATH NOTEの三上検事のようです。
 
そして,数日待ちます。
 
これで消したことを後悔しなければさらに削除を進めます。仕事メールでは,2015年12月までのメールも全て削除。
 
 
よーし,だんだんのってきたぞ。
※ 絵本「いちにちシリーズ」より
 
 
さらに,新しいメールも処理することにしました。会議の案内が多いので,それはGoogleカレンダーに入れてメールを削除。内容を確認して返信不要のメールも削除。広告メールも軽く開いて削除。返信が1回で済むメールは,返信したら削除。
 
この1週間で,トータル3,000通くらいメール削除しました。
 
 
パソコンが軽くなった気がします。
 
 
ただ,増えていくデータもあります。
 
最近,紙でとっておいたメモ,資料などのデジタル化も進めています。あと1~2週間のうちに,ほとんどの紙はPDFに変化します。これらは,この1年間は全く使わなかったものです。断捨離の概念からすれば捨てるべきなのですが,研究会などで使う可能性が残っていることと,入手が簡単ではないものです。これらはPDF化されて,パソコンに長期保管されます。
 
 
いま,私の机の引き出しの中は,徐々に減っています。
 
例えるなら,HUNTER×HUNTERのシャウアプフ(※伝わらないこと覚悟です)。
 
 
書類整理,とっても楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月21日 (日曜日)

マグロはワサビで醤油不要

発見しました。

 
マグロの刺身にワサビを付けると,醤油を使わなくとも同じ味がします。
 
 
最近,ダイエットのついでに減塩も心がけている私。お陰さまで,降圧薬を離脱して3週間くらい経ちます。目玉焼き,納豆,冷や奴にはもう醤油を使っておりません。特に,冷や奴は削り節を軽くかけるだけで十分です。
 
こんなふうにして,「何にでも醤油をかける」という田舎風習をあらため,「この食材・料理には醤油は必要なのか」と思って食べるようになってきました。
 
 
最近の最大の発見が,このマグロの刺身です。
 
私は,高校卒業までは醤油皿で醤油にワサビを溶かし,これに刺身を付けて食べていました。物心ついた頃から両親がそうやって食べていたので,私は疑いもしませんでした。
 
しかし,高校卒業くらいの時,マンガ「美味しんぼ」で,「ワサビは直接刺身に付け,醤油とワサビは分ける」食べ方を学びました。それ以来,ずっとワサビは刺身に直接乗せて,そして下面に醤油をつけて食べるようになっていきました。
 
今回も途中までは同じ。
 
マグロの刺身の上面にワサビを乗せ,そして醤油は使わずに食べてみました。
 
何ということでしょう。私の舌には,醤油があってもなくても変わりない味がしました。
 
そうなのです。少なくともマグロの刺身にワサビを付けるなら,醤油は必要なかったのです。
 
 
 
というわけで,我が家の昼食は,はま寿司。
 
ダイエット中の私は,生まれてはじめて2皿でストップ。
 
1皿めはアジ。ショウガは乗っていますが,物足りないのでワサビも乗せて,これはポン酢1滴。
 
旨いです。
 
そして2皿めは,鉄火巻き。これで終了なので散々迷って決めた巻物です。
 
これに,ワサビをたっぷり乗せて,醤油は使わずに食べてみました。
 
思った通りです。醤油なしでも全く問題ありません。美味しく食すことができました。
 
 
 
皆さんも,一度お試しあれ。
 
 
――ところで,ダイエット中は,1人で回転寿司には行けませんな。
 
2皿で会計ボタンを押すのは,ちと気が引けます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土曜日)

少しでも家計のために

自分の体重とともに,使わなくなった物も減らしている私。

 
これらは,とても似ています。「一日にして成らず」という点が。
 
体重を減らすのはゲームみたいなものであると先日書きました。モノを減らすことは,ゲームと言うよりも「体調管理」であり,「家系節約」であると私は考えます。
 
 
まず,モノを減らしていると,「余計なモノ」を買わなくなります。そして余計なモノが減ると,それに関わることがないぶん無意味な時間を過ごさずに済みます。
 
数年前の私,家で酒を飲んだりパソコンで仕事したりしていて,煮詰まってしまうとどうしていたか。普段なら気にも留めない物品を触ってみたり,買ったけど面白くなくて読んでない本を取り出して読んでみたり,あるいは無駄に引き出しの中を整理整頓してみたりしてました。そして翌日に後悔してました。その繰り返し。
 
今では,余計なモノが減ってますので,夜に煮詰まったらどうするか。寝るんです。ダイエット中なので酒は飲みません。夜は適当にネットしてゲームして,「ふーっ」と思ったら寝てます。早寝早起きで,今朝の血圧も120/70mmHgでした。もう降圧薬は飲んでません。
 
これは,間違いなく私の健康増進にも我が家の家系にも寄与しています。
 
 
私のiPadは,セミナーや講義のために使用する一方で,ツムツムなど遊びにも使っています。たいてい夜にバッテリーが少なくなって充電するのですが,最近は全て医局の部屋で充電しています。これまた,ケチですけど我が家の電気代節約に寄与します。早く寝ますしね。これ,スマホやケータイも同様です(※余談ですが,多くの医師は医局でスマホを充電していると思います)。
 
さらに,ゴミ。私の家庭ゴミは,ティッシュペーパーを除くと,ほとんどが研究会由来のパンフレットとか医学雑誌とかです。昔ながらのゴミは医学書と,パソコン関係のCD-ROMとかMOディスクとかです。これらは自分の部屋から医局に運んで,そして断捨離してますので,私の家庭ゴミはほとんど出ません。これも微妙ですが,ゴミ袋代を節約するのに一役買っているはずです。
 
 
さらに言えば,通勤の自家用車。
 
私1人の時には,朝夕はエアコン使わないんですよ。外は氷点下でも。その方が頭がスッキリするんです。ま,職場から自宅まで10分程度ですので。
 
 
あと,買い食いとか一切しません。お茶も買いません。外勤の日はお昼を抜いたりしてますので,ウイークデーは実は財布を使いません。
 
 
と,これくらいできる範囲で家計節約に頑張っている私。
 
 
一方,家内は次女を連れてタクシーで駅方面まで出かけて,目に付いたツムツムグッズとか一瞬で飽きそうなオモチャを週に2回くらいは買ってきてます。
 
きっと,私の微々たる努力は,1回のお出かけで吹っ飛んでるんだろうな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月18日 (木曜日)

家職分離

2009年に大学に戻ってきて,もう7年が経ちました。

 
それまでは野戦病院でしたから,病院で朝から晩まで診療をして,たまに学会発表の準備,ごく稀に論文書いたり。基本的に,家では食べて酒飲んで寝るだけでした。田舎で,かつあてがわれた医師住宅は狭く,かつての荷物はそれぞの実家に預ける始末でしたから,それくらいしかできなかったわけですが。
 
 
大学に戻ってきて,医局長を務めている時代には,いつも仕事に追われていました。診療は野戦病院の経験がありましたからさほど苦労はしませんでしたが,経験の無い医局仕事に苦労しました。人のコーディネイトとか会のマネジメントとか。あるいは事務的な書類の処理とか。
 
それゆえ,自然と家でも仕事をするようになりました。USBメモリにはファイルがどっさりあって,大学でこなしきれない仕事は家で娘たちが寝静まってから。ちょっと酒でも飲みながら。結局,疲れていたので大して進まないうちに眠りこけてしまったのですが。
 
最近は,GoogleドライブとかOneDriveとか無料のクラウドサービスが多くあるので,USBメモリは使わずとも簡単に職場と自宅のパソコンを同期することができるようになりました。
 
 
その一方で,最近は家でさほど仕事をしなくなってきました。
 
これは嬉しい誤算でした。可能な限り,「仕事はすぐやる」行動を実践していますので,家に持ち帰る仕事が減ってきているのです。
 
そこで,「家職分離」という考え方です。
 
 
これ,何て言うのか分からないので私の造語です。「政教分離」という言葉になぞらえてますが,家庭と職場は分離可能という考え方です。
 
医師である以上,完全分離は難しく,どんなに帰宅時に何事もなくても,予期せぬ事態で呼ばれる可能性はあります。ここでの「家職分離」とは,診療以外の業務は家には持ち込まないようにできるのかということです。
 
たぶん「イエス」です。
 
私の恩師がかつて私に悩みすぎていた言いました。
 
「仕事で悩むのは,どんなに困っていても職場だけにしなさい。これは訓練で身につけられるスキルだよ」
 
と。
 
当時はできませんでしたが,数年かけて私はこの境地に近づいているように思います。
 
 
 
話が偉そうなわりに内容が薄いので,クロージングに移ります。
 
 
いったい何が言いたいのか?
 
 
家に溜まっていた20年以上前の医学書は,職場に移動して私の断捨離ルールに沿って処分します。
 
自宅の私の部屋(2畳分のスペース)に置かれている医学書を減らし,スッキリしたスペースに変えようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火曜日)

ダイエットという名の遊戯

食事制限ダイエット中です。

 
朝夕は家で食べますが,ごはんは茶碗に半分まで。おかずは普通ですが,こってりした肉は一切なし。さらに,月~水は昼食抜き。これは決して人様に勧めるものではございません。
 
昼食ですが,最初は,月~水はコンビニのサンドイッチとコーヒーにしていました。でも,コンビニのサンドイッチって,確かにカロリーは200kcalくらいしか無いのですが,炭水化物と脂質ばっかりです。これなら食べない方が良いと結論しました。腹は減りますが我慢。
 
おかげで,この4週間で5kg減りました。ベルトの穴も1つ取り戻しました。近日中に2つめを取り戻しそうです。
 
 
この時間(昼休み)は腹が減ります。皆さんランチタイムですので,私は自分の部屋で仕事したりノンビリしたりします。
 
最近思うことは,「ダイエットってゲームだな」ということ。
 
ドラクエとかRPGでボスを倒せない時って,地道に経験値稼ぎをします。これは楽しくはありません。でも,経験値稼ぎをするなら,しっかりレベルを上げて,余裕を持ってボスに勝ちたいわけです。
 
ダイエットもRPGに似ています。地道な食事制限は楽しくありません。つらいです。でも,体重を減らすという絶対的目標があれば,我慢して続けられるのです。
 
そう,私は今,ダイエットという名の壮大なゲームを楽しんでいるのです。
 
だからこそ,先々週のの接待で,1万円以上支払ったにも関わらず料理を半分残すこともできました。家族の外食で,幸楽苑に行ったときも麺を半分残しましたし,ガストの牡蠣味噌ちゃんこ鍋もうどんを半分残せました。
 
上司との高級料理会食,家族との高カロリー外食,全てRPGのイベントです。食べたら負けなのです。竜王の甘言に乗ってレベル1に戻るわけにはいかないのです。
 
 
 
ところで,こんなスマホアプリを思いつきました。
 
 
ダイエット支援なんですが,リアルなシミュレーションゲームにします。
 
まず,主人公(自分)の性別,年齢,身長と体重をセットします。
 
朝食,昼食,夕食を主人公に食べさせると,食べさせたものによって,体重が増えます。食べたものの重量がまず加算されます。ペットボトルのお茶を500mL飲めば,体重は0.5kg増えます。
 
食べたもの,飲んだものによって重量は徐々に低下します。たとえば,お茶なら飲んだ直後は0.5kg増えても3時間後には0に戻ります。料理の内容によって,すぐ戻るものもあれば,数日以上かかって戻るものもあります。
全く食べない場合には,基礎代謝量と不感蒸泄の分だけ体重が自然に減ります。だから,食事を抜けば体重は減ります。
 
こうやって,何をどれくらい食べたら,あるいは減らしたら,体重がどう変化するのかをシミュレーションするのです。
 
スマホのカレンダー(個人スケジュール)と連動してイベントが発生します。
 
今日は飲み会!
 
しらふの時に飲み会で飲み食いしそうな内容を入力します。締めのラーメンも食べるなら入力します。すると,すっごーく体重が増えます。それは3日くらいしないと戻ってきません。
 
飲み会などのイベント前に,自分の体重がどう変化するのか予測することができます。今まで体重を記録するダイエット支援アプリはありましたが,未来の「なりたい自分」を予測するシミュレーションアプリはありませんでした。
 
未来を知ることで,食べるイベント前に心にブレーキをかけられるのが,このアプリの特長です。
 
 
――ま,大きなお世話かもしれませんがね。
 
 
そんな私,今夜は一席あります。
 
料理だけで6,000円ですから,支払い1万円は覚悟の会です。私の目標は,1万円は支払っても,ビール2杯以内,料理は野菜は全部,魚は3分の2まで,肉は1口だけ,炭水化物・糖質は口を付けない,を目標にしております。
 
今夜はなかなかの強敵です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月14日 (日曜日)

引き際

ここ1ヶ月くらい,大学人としての引き際を考えるようになりました。

 
年が明けてから,このことを私に考えさせる出来事が複数ありました。それについては今は書きません。私の心に直接的,あるいは間接的に影響を与えることだったのですが,おそらくこれらの出来事に関わった人々は,気付いていないことでしょう。
 
 
まず,客観的な事実を整理します。
 
大学病院では,医師の定年は65歳,それ以外の職種は60歳となっているようです。
 
大学病院において,定年まで勤務する医師は――私の知る限り――教授のみです。
 
私の就いている役職は,恒久的なものではなく,1~2年以内に消滅します。
 
 
 
上記から考えると,役職の消滅に合わせて退職するのは自然な流れだと思います。実際,私は自分自身の引き際を,漠然とこのタイミングで考えていました。
 
しかしながら,私の様々な同僚たち(※私は病院からの肩書きを3つ,臨床としては4分野くらいを兼務しているので,「様々な同僚たち」と表現します)は,私はずっと大学に居続けるだろうと思っているようです。なので,数年後の目標について相談をすることもしばしばあります。
 
また,もし現在のポジションが消滅した場合に,「○○(※大学内の部署)に同格の席がある」などと親切に教えてくださる上司もいます。かつての部署にも「枠」は残っているらしいとも聞いたことがあります。
 
 
一方で,私が以前から考えていたこともあります。
 
まず,かつての部署の「枠」は後進のために使って欲しいこと。経緯はどうあれ,一度出た人間ですので,現職が消滅したから元の場所に戻るというのは考えられません。役職の枠が残っているならば,次代を担う医師のために使って欲しいのです。
 
そして,別の部署の役職を得ること。これは,私自身の能力の限界を超えます。現在の3つの肩書きと4分野の臨床で既に手一杯であり,これに新たなミッションが加わるならば,私の小才では遂げられないでしょう。というのは,もし別部署の役職をいただいた場合には,現在の私の仕事内容は全て保ったまま,新しい仕事内容も引き受けることになるからです。
 
1番目は私の美学,2番目は私の能力。
 
 
こうなると,自ずと答えは出ています。
 
 
年齢的にも,あと5年もすれば「引き受け手」がとても限られてしまいます。
 
そんなわけで,いま私は臨床の仕事(ほぼ外来業務)を少しずつ整理しています。言い換えれば,「交代可能な予約数」に調整し始めています。
 
部局的な仕事は,担当者が自分の色を出して構わないものです。つまり,私から誰かに交代したとしても,その人の思うとおりにやればいいのです。でも,外来は自分の色を出しすぎて,かつ予約数も半端ないものにしていると,とても交代しにくいものです。
 
 
5年ほど前には,30分に6人の予約を入れ,8:00過ぎから13:00過ぎまでの外来枠を作っていましたが,今は減らしています。トータルで30人未満を目指しています。
 
非臨床的な仕事(=部局的な仕事)は,やってきた内容を文書として記録し,いつでも引き継ぎ可能な状態にするように少しずつしてきています。
 
幸いなことに,周囲からは「今まで以上にきっちり仕事をしている」ように見えているようです。
 
 
 
できれば,最後の日に鞄ひとつで外に出て,大学に深く一礼して,振り返らずに歩いて去りたいななどと考えているのですが,実現しますかどうか。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土曜日)

消極的な勝利?

カワイ音楽教室でピアノを習っている娘。

 
先週も今週もレッスンはありました。が,先週は私が座長を務めた研究会がありまして,帰宅したのが日付が変わる直前。翌朝の辛いこと辛いこと。最近は早寝早起きの私ですので。
 
とはいえ,先週のレッスン後に練習していた曲は変化なし。エチュードA最後の曲,サウンドツリー5の最後の曲「うつろな心」(※メインと第一変奏のみ),そしてソナチネアルバム1番のクーラウop.20-1でした。ちょっとだけ20-1の第2楽章も練習していました。
 
家内によると,先生からレッスンのことで娘は何か言われていたようでした。「自分で言える?」とか言われていたようだと。ちょっと気にはなりましたが,もう11歳。重要な連絡事項は自分で言わないといけません。そんなわけで,娘が切り出すタイミングは山のように作ってみたのですが,娘からは何もありませんでした。
 
ああ難しい年頃?それとも難しいキャラクター?,いずれにしても先生は困るだろうなと想像しながら,今週のレッスンに連れて行きました。漏れなく次女が付いてきますので,長女をカワイに残して雪道お散歩となるわけですが。
 
 
レッスン後,特に娘から話は無く,特に雰囲気も変わりありませんでした。
 
 
翌日の練習。
 
クーラウのソナチネは第1楽章が終わったようで,第2楽章。ま,さほど難しくもなかったようで,発表会本番くらいのテンポで弾いてましたからね。
 
そして,グレードテスト曲も終わってました。
 
たぶん,娘の消極的な態度が結局グレードテスト不参加を確定させたのでしょう。ま,「うつろな心」の第一変奏も付属CD以上のテンポで弾いてましたから,私の目にもこれで不合格はあり得ないと思ってました。スルーするなら私も構いません。
 
ただ…,消極的に回避するのではなく,ストレートに「受けたくありません」と言って,早々に回避して欲しかったなと思う父なのでした。
 
 
いま練習しているのは,クーラウのソナチネop.20-1の第2楽章,そしてインベンション5番。
 
 
来週はレッスン休みらしく,とても余裕をかましています。ついでに,勉強の宿題も余裕かまして次女とままごと遊びに没頭しています。
 
ま… いいか… な?
 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木曜日)

変わりゆく「研究会」

医師の参加する「研究会」のお話。

 
私が1年間に参加している「研究会」は,おそらく20以上です。
 
私は決して勉強家ではありません。私でさえ20以上なのです。ちょっと考えると,とても異常なことだと思います。
 
 
「研究会」と言えば,会員が集まって症例を検討したり,最新の治療法を学んだり,慣習的に行われてきた治療法を再検討したりするのを想像すると思います。
 
実際,研究会の主旨はそんな感じなんですが,実際には「講演会」と何ら変わりない「研究会」が私のまわりでは多いです。研究会にはほとんど企業(製薬会社)が協賛しているからです。
 
研究会と講演会の違いはかつて述べたと思います。「講演会」は企業(製薬会社)が主催で,自社の利益に繋がりそうな演者をセッティングします。会場に来る医師は全て「客」となります。これに対して,「研究会」は医師会員から選出された幹事が運営し,企業が会場費などを提供し,代わりに薬剤説明を医師に対して行うという取引になっています。
 
 
これらの「研究会」,年々厳しくなってきています。
 
私が研修医の頃には,研究会当日には医局にタクシー券の束が無造作に置いてありました。参加する場合には自由に持っていくのです。だいたい行きの分,帰りの分,予備の分(苦笑)。研究会後に飲みに行く場合(ほとんど行ったわけですが),予備を使用させていただくのです。これは決して良いことではありませんが,それが「常識」となっていました。
 
最近は,参加者の所属・氏名を登録した上で,最小限のタクシーチケットが個人に配布されます。「ご自由に」ではなくなってきています。
 
 
そして,企業が研究会に協賛する条件がもうひとつ。
 
薬剤説明はもちろんですが,研究会内の演題の少なくとも1つは,その企業の利益に結びつくものにすること。すなわち,その企業の薬の有効性とか素晴らしさとか,とにかく薬の宣伝に繋がる内容が求められるんです。
 
だいたいは,特別講演で県外から有名な先生を呼びます。その内容は,研究会幹事たちが聞きたいものです。決して,協賛企業の薬に関するものではありません。したがって,地元の医師に前座講演を依頼します。「○○(薬の名前)の有効性」とか。ちなみに,ベタすぎる演題は好まれなくなってきているので,もっと婉曲的表現にしますが。
 
この部分は,仕方ないんですが,私が最も嫌いなところです。
 
研究会の内容と全く異なる演題が入るからです。一番イヤなのは,腎臓の研究会なのに,演題に「抗菌薬Aの有効性」とか「糖尿病薬Bの有効性」とかが入っていること。
 
仕方ないと頭では分かってるんですが,こういう研究会(※私は幹事じゃありません)はあまり参加しておりません。
 
 
私は,昔はちょこっとあった,本当に医師だけが数名で集まって,あれこれ言い合ってそのまま飲みに行く「研究会」を懐かしく思います。
 
いまは,こういうのを作ろうとしても,あまりに研究会・講演会だらけ。みんな何らかの研究会の幹事とかやっていて,難しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 7日 (日曜日)

目玉焼き,どう食べるか

マンガ「美味しんぼ」第7巻に,目玉焼きの話があります。

 
落語家になったブラックさんが東西新聞文化部にやってきて,「サニーサイドアップとターンオーバーは日本語でどう言うのか?」と質問することが話が始まり,これに対して社員が自分の食べ方について持論を展開し,さらに大原社主や板山社長までも巻き込んで,「国際目玉焼き会議(IFEC, international fried egg conference)に参加するという話です。
 
当時の私は,ターンオーバーなんて知りませんでした。
 
で,お願いして「自分のはターンオーバーにして」なんてお願いした記憶があります。
 
 
私は,タマゴの黄身は硬いのが好きです。
 
ゆで卵においても,沸騰後12分前後で得られる半熟のものよりも,固ゆでタマゴが好きです。オムレツも中がトロッとしているよりも,全て個体になっている方が好きです。
 
 
なので,目玉焼きもターンオーバーが好きなんですが,残念ながら現在の我が家において,そういった要望は一切受け付けられておらず,週に3~4回登場する目玉焼きは全てサニーサイドアップです。
ま,私のと長女のを同時に焼いて半分に切っているので仕方ありませんが。
 
 
そうすると,どう食べるか?という問題が浮上します。
 
もったいないので,黄身をお皿に残したくありません。
 
多くの場合,私は最初に目玉焼きをごはんの上に乗せます。この場合,重要なことは黄身を下にすることです。乗っけたら,箸で穴を開け,黄身をごはんに染み渡らせます。あまり深く開けすぎると,茶碗の底に黄身が到達してしまいます。これは私からすれば下手な食べ方。上手に黄身をごはんに染みこませて上手に食べきりたいのです。
 
なので,ごはんは熱々であって欲しい。染みこんだ黄身がごはんの熱で硬くなるからです。少なくとも目玉焼きよりもごはんの方が温度が高くあって欲しいわけです。
 
 
ところが,なかなか私好みになりません。
 
ごはんが既に温くなっている方が多いですし,時にはお皿の上で目玉焼きの黄身が破れていることもあります。
 
どう対応するか。
 
ごはんが温い場合には,悪あがきしています。ごはんに箸で穴を開け,目玉焼きの黄身を含む周辺をそこに入れ,上からごはんで覆うのです。蒸すことで黄身を硬くしようとする作戦です。
 
既に黄身が破れていた場合には,皿からの移動を断念し,黄身の上にごはんを盛ります。そうやって少しずつ黄身をごはんに吸収させながら食べます。ただ,白身だけが残るのであまり美しい食べ方とは言えませんが。
 
 
最後に,目玉焼きに何をかけて食べるのかという問題。
 
「美味しんぼ」においては,醤油,塩・胡椒,ケチャップ,などなど様々な嗜好があります。
 
 
私はこれまで醤油でしたが,今は「何もかけない」です。
 
ダイエットともに塩分制限もしておりますので。でも,他のおかずを味わい,その塩分で一緒に目玉焼きを食べると,十分美味しく食べられます。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 5日 (金曜日)

お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか

飛行機で急病人が発生し,「お客様の中にお医者様はいらっしゃいますか」と聞かれた場合。

 
私は幸いなことにこの経験はありません。
 
 
ただ,そうなったときに関するネット議論を10年くらい前に読んだことがあります。
 
医師法には「応召義務」というのがあって,診察を求められたら断れないという規定があります。少なくとも,患者が貧乏だからという理由で拒んじゃダメ,軽度の疲労を理由に拒んじゃダメ,休診日だからという理由で拒んじゃダメ,など書かれています。
 
じゃあ機内はどうなのか?
 
このへん真面目に検索して結論を見たことはないんですが,いろんな意見があるんです。
 
応召義務は,勤務外では発生しないとか。これなら飛行機に乗っているのは間違いなく勤務外なので,呼ばれても応じる必要は無いわけです。でも,「休診日だから拒んじゃダメ」というのをみると,やっぱり応じないといけないのかな…などと。
 
 
いえ,別に診察するのは構わないんです。
 
ただ,――イヤな話ですが――対応したにも関わらず,容態が悪化した場合,患者家族から訴えられる可能性があるということです。ここも様々な意見があるんですが,「医師として処置した以上は,その責任も負わないといけない」みたいなのがあります。ここで,医師たちは迷うわけです。
 
 
議論の中で,機内では常に酒の小瓶を持参して,いざとなったら酒を飲み,それを理由に応召義務を回避しては,なんて意見もありました。一般の方からすれば「え?」と思われるかもしれませんが,医療業界ってもう訴訟だらけになってきてまして,怖れている医師の方が多いと思うんです。だから,手に負えない可能性のある患者は最初から関与しないし,それが医師数の割に病院経営が向上しない理由のひとつだったりします。
 
 
最近,JALがドクター登録制度をつくったようです。
 
あらかじめ医師がJALに「自分は医師だから,急病が発生したら声をかけてね」と登録し,その代わりにマイルを多くもらえたり,ラウンジなどの便宜を図ってもらえる制度です。
 
こういうの,海外では既に定着していましたが,日本には無かったようです。
 
 
ただね,思いましたよ。
 
ラウンジ使用可能になったら,全員しこたま酒を飲んでるんじゃないかと。
 
呼ばれても診察不能。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2016年2月 4日 (木曜日)

コメ好きの提言・ブレンド米を開発せよ

今週から我が家はブレンド米に変わりました。

 
でも,美味しさは変わらないんです。前まで食べていた有名品種と比較して。
 
ま,ダイエット中ですので,コメに飢えているわけで何を食べても美味しく感じるとは思います。特に私が求めているのは,ツヤでも粘りでもなく,「コメを食べてるぞー」という重量感ですので(苦笑)。
 
 
食べながら思いつきました。
 
 
酒の世界では,カクテルがあって,バーテンダーが日々研究を続けて美味しいレシピを追求しています。
 
でも,コメの世界では,一流品種はそのまま,そして二級品をブレンドして少し安く売っているだけです。
 
 
もし,お米のブレンドの達人がいて,一流の有名品種を含む全てのコメを自在にブレンドして,顧客が望むコメをブレンドできたら…
 
絶対商売として成立すると思うんです。
 
 
たとえば
 
客 「これが我が家のごはん(炊いた現物を呈示)だけど,もう少し粘りがあって,でもやわらかくて,それで匂いはこの系統がもう少し弱いのがいいな」
 
ブレンド達人 「承知いたしました。今年の『あきたこまち』を70パーセント,新潟産『ササニシキ』を20パーセント,残りの10パーセントは企業秘密です」
 
翌日
 
客 「素晴らしい!これを1年間送ってくれ」
 
ブレンド達人 「承知いたしました」
 
 
また,
 
客 「ごはん好きだけど,炭水化物を減らしたいんだよ。ダイエット向きのブレンドを頼む」
 
ブレンド達人 「承知しました。ブレンド内容は秘密ですが,最も糖質が少ない組み合わせにしました。炊くときにはココナッツオイルをお試しください。レジスタントスターチが増加します」
 
 
みたいな感じでね。
 
 
曲の好みに合わせたブレンドができれば,絶対売れると思うんですよ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年2月 3日 (水曜日)

【TSUM TSUM】定期報告2016年2月3日

LINEのゲーム「ツムツム」の話です。

 
最近,私は完全にゲーマーからコレクターになってます。ハイスコアは全く狙っておりません。とにかく,コインを貯めてツムを集める。これに徹しています。
 
昨日,娘に言われました。
 
「パパはそんなにツムをやっているのに,どうしてランキングを目指さないの?」
 
そこで,
 
「金持ち,ケンカせず,さ…」
 
と。
 
ええ,コインをたくさん貯めている人は,高得点でランキング上位に載ることよりも,「もうすぐこのツムのスキルが上がる」とか「来月までは○○コインまで貯めよう」とか,自分の世界だけで楽しめているのですよ。
 
 
いまダイエット中でして,ツムツムもかなりストイックです。
 
1月2日から一度もプレミアムボックスは開けず,とにかくコインを貯めました。昨日,ようやく2月の新ツムが3つ登場しましたので,予定通り50回プレミアムボックスを開けました。
 
ブライドラプンツェル×3
白雪姫×7
オーロラ姫×3
 
と,まずまず引けました。
 
今月の途中にあるピックアップガチャを全て開けるための45万コイン,そしてセレクトツムでソーサラーミッキー,コンサートミッキー,ホーンハットミッキーの確率アップが来たときの50回分(150万コイン)は残してあります(苦笑)。
 
来月の新ツムが来たときに,再び50回引けるようコインを貯めて貯めて貯めます。
 
 
ハピネスボックスは,自分ルールを決めており,水曜日と土曜日に1回ずつ引くことにしています。先月やっとチップが引けました。ハピネスはコンプリートです。ただ,スキルを上げるため,コンプリートしてからも定期的にハピネスボックスを開けています。きょうで,ドナルドがスキル3(ハピネスのスキルマックス)になりました。
 
 
今月も地道に頑張ります。
 
 
【現状】 2015年7月開始
[プレイヤーレベル] 138
[マイツム] 野獣・スキル5
[ハイスコア] 400万点
[コレクション数] 103

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火曜日)

お風呂スピーカー

昨年,私はこんなものを買いました。

 
お風呂用のスピーカーです(画像クリックでAmazonに飛びます)。
 
特徴としては,
  • 防水
  • Bluetoothで,iPad/iPhoneなどと接続可能
  • パソコンのUSBで充電可能
  • スピーカー側から再生・停止・早送り・巻き戻しが可能
  • バッテリーはかなり長持ち
という代物です。
 
 
ずっと,我が家ではお風呂用CDプレイヤーで入浴中に音楽を楽しんできました。しかし,だんだんネタ(CDのことです)が尽きてきたのです。
 
このスピーカーを風呂場に置いて,脱衣所とかにiPadを置きます。iPadでYouTubeを開き,音楽を再生します。その後,風呂のスピーカーのスイッチを入れると,すぐに接続してくれてYouTubeの音楽がスピーカーから流れるわけです。気に入らなければ,スピーカーの早送りボタンを押すだけです。
 
これで,お風呂ライフがさらに豊かになりました。
 
 
 
長女も次女も好むのは,私が好きな1970年代から1980年代の洋楽です。
 
マイケル・ジャクソンとか好きなようで,ビリージーンとかバッドとかノリノリです。バラードよりもノリの良い曲がお好みなので,自然とディスコミュージックになってきます。
 
次女は,Danger Zoneとかテキトーに歌ってます。
 
長女は全般的に洋楽が気に入ったようで,いろんな曲を聴きたがります。既に定番のWham!とかは聞き飽きたようで,Earth, Wind & Fireとかを勧めています。
 
 
あー,お風呂でピアノ曲を流していたのは,だいぶ過去のことになってしまいました。たまーにジョージウインストンとかは流しますけどね。
 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »