« インフェクション・コントロール・チーム (ICT) | トップページ | 学会メシ »

2016年4月 8日 (金曜日)

悲愴レッスンスタート

カワイ音楽教室でピアノを習っている長女。昨日はレッスン日でした。何とか仕事を一段落させて送迎してきました。…ただし,次女も一緒に来た上に,外は雨で散歩も出来ません。なので近くのイオンでお買い物。

 
いつものように,レッスン内容は不明です(苦笑)。
 
 
結果を先に書きますと,
 
  • インベンション5番 もう1回
  • ベートーベンのソナタop.49-2 [ソナチネアルバム1] 合格
  • ベートーベンのソナタop.8・悲愴第3楽章 [ソナタアルバム2] 
 
というものでした。
 
「悲愴」は先週のレッスン後に待望のソナタアルバム2をゲットしまして,練習をそれなりに頑張っておりました。おかげで,譜読みは間違いだらけではありましたがラストまで行けました。
 
途中に出現する三連符が曲者で,最初はリズムがグチャグチャになっており,千秋先輩ではないけれど「悲惨」になってました。そこを先週末に私からちょっとアドバイスしまして軌道修正。
 
やはり長めの曲ですので,今回のレッスンでは通して聞いてもらったら時間が来たようで,音間違い,指使いの修正など簡単なところで終わったようです。
 
3~4週目になっていたベトソナ49-2が終わりましたので,次回からはインベンションと悲愴ということになります。
 
悲愴は間違えるくせに,そこそこのテンポで練習しています。ま,この調子で頑張ってくれれば,発表会の頃には結構な速度になっているでしょう。それに強弱がダイナミックに付いてくれれば映えるんですがね。
 
 
応援しておりますよ。

|

« インフェクション・コントロール・チーム (ICT) | トップページ | 学会メシ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

いよいよですな。三連符は唐突だがこの曲の特徴部分ですな。ものにすれば奏破は直ぐですな。個人的にはオーラスのたたみ込む下降がどうしてか、ミスる不安をもち、思い切れない悩みをもってますぞ。

最近妻の「心の中が叫びたがる」みたいなDVDアニメを見てたらクライマックスでビリージョエル2楽章とミュージカルの「虹の彼方に」を同時歌唱する場面がありましたな。ユーモレスクとスワニー河のパートナーソング以外もコード共通の曲いろいろ発見があるんでしょうな。ちとふざけた感じが楽しいですな。発表会で誰かやってのけてほしいですな。「プログラム◯番どんぐりコロコロ✖️夕焼けこやけ」とか。

投稿: 親子のサウンドツリー | 2016年4月12日 (火曜日) 09時13分

親子のサウンドツリーさん

お陰さまで三連符はそれなりレベルまで到達しました。あとはゴチャゴチャした16分音符のところと,ご指摘のラストの下行だと思います。私の予想よりも娘の譜読みが速くて,嬉しい反面,きっとあと2週間くらいで飽き始めると思ってます。

「心が叫びたがってるんだ。」は私は観ておりませんが,家内はチェックしていることでしょう(苦笑)。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフによるヤツですね。wikiでは,ブルグミュラーの「アラベスク」とベートーベン「悲愴」が流れるようですね。

発表会,遊び心があってもいいですね。特に何のひねりもない全体合唱とか。

投稿: おくちん | 2016年4月13日 (水曜日) 15時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悲愴レッスンスタート:

« インフェクション・コントロール・チーム (ICT) | トップページ | 学会メシ »